事務所便り

花園渓谷

今月は北茨城の花園渓谷へ行ってきました。
花園渓谷のように道路沿いにある渓谷はドライブコースとしても有名で素晴らしい所が多いのですが、通過するだけでせっかくの景観をのんびり堪能することができません。渓谷沿いに散策コースがないため致し方ありませんが、たまには新緑を眺めながらの渓谷散策もいいものですね。ただし、全コースアスファルト舗装ですので、スニーカーの方が歩きやすいです。今回は登山靴で来てしまったため、あちこち筋肉痛になりました。

花園渓谷
苔むした岩が多いということは、渓流が安定している証拠。あるようでなかなかお目にかかれない渓相。生物種も豊富なので大好きな渓流のタイプです。

新緑
職員がスマホで撮影したもの。
登山後、ラインで撮影した写真をアルバムにみんなでアップするのですが、この写真が一番新緑の美しさが出ていて目を引きました。いつのまに腕をあげたのでしょうか。

フタバアオイ
フタバアオイ。
道路脇に群生していました。丸くて白いのが花になります。

与四郎の滝
与四郎の滝。

ヒメクロサナエ
ヒメクロサナエ。
ガードレールの下に生えるウワバミソウの上で羽を乾かしていました。羽化したてのようで、抜け殻があります。源流部でたまに見かけますが、体長は5cm程と小さく黒色のトンボのため見つけ辛いです。

ホコリタケ
ホコリタケ。
多雪地だと今の時期では潰れてしまって膨らんだ状態のものはありませんが、この場所は積雪量も少ないのでしょうか。指でトントン叩くと茶色い胞子が煙のように出てきて面白いです。
出始めは食べられますが(皮をむく)、成熟するとカビ臭くて鍋が台無しになるので要注意。

千猿の滝
千猿の滝。
この辺りから、道路脇にそれなりの積雪があった痕跡が見えてきて、岩場やイヌブナが生えてくるなど景観や植物相(フロラ)が一気に変容してきているのが分かります。

トウゴクミツバツツジ
トウゴクミツバツツジ。
既に終わりかけでした。残念。

ヤマツツジ
ヤマツツジ。
源流に近づくに連れ、咲き始めの綺麗な状態のヤマツツジが見られました。この株は、花数多くゴッソリ咲いていました。

タニギキョウ
タニギキョウ。
実物の花の大きさは1cmもありません。繊細で儚げな花が春には多いですね。

ヤマドリゼンマイ
亀谷地湿原
渓流が緩やかになり周辺が平になってきた所で山地湿原が出現。今回は下調べをまともにしていなかったため、湿原が出てきてビックリしました。
茶色い植物はヤマドリゼンマイ。食べられます。

クロタニガワカゲロウ
クロタニガワカゲロウ。
カゲロウ類など様々な水生昆虫が羽化しているためか、テンカラ釣りをしている人もいました。

山菜
下に戻ってから山菜採り。
ウワバミソウ(ミズ)、オオバギボウシ(ウルイ)、クサソテツ(コゴミ)、タラの芽、ミツバ。ミヤマイラクサ(アイコ)もありましたが、刺が痛そうなので諦めました。

昔の山師、大工道具他

解体業をされているYさんの事務所には、解体時に見つけた掘り出し物がたくさんあります。
古民家を解体するときには、柱や梁、床の間の材や建具など今では入手困難なものがあったりするそうですが、一部のパーツを取り出すのは時間とコストがかかるため、現在は余程のことでない限り解体してしまうとのことです。
材木マニアの私としては、話を聞いているだけでよだれが出る程欲しくなってくるのですが、仕事の邪魔をするわけにもいきませんので、聞くだけに留めております。
さて、今回伺った際にも面白いものが見つかったということで、見せて頂きました。

チョウナ
ちょうな。鍬のように振り下ろして木材を削る道具。昔は大工さんも使っていたようですが、現代はプレカットされた木材を組み立てるなど使用場面がないため、使える人はいないのではとのことです。
右上にあるのは今も使われているケヤキの灰皿ですが、昔はよくこのタイプを見かけました。重量があるため安定感があり、火をもみ消すときにも動かないので今となってはよく考えられた作りですよね。内側に銅板が入っていないため木に直接擦り付けて火を消すことになりますが、全く問題ないようです。

銃剣、皮すき
写真上は銃剣。昭和初期の戦時中にでも作られたものなのでしょうか?突き刺す道具とはいえ、鋼も入っていなければ焼きも入っておらず、ただ、鉄を両刃にしただけの粗末なもの。
写真下は皮スキ。山から切り出してきた木の皮を剥ぐための道具。いろいろなタイプのものがありますが、これは現在も使っている方がいるのではないでしょうか。
ちなみに、写真に写っているテーブルも合板ではなく、10cm厚のケヤキのテーブル。さりげないですが、ケヤキのテーブルにしては珍しい面取りの仕方をしているところがいいですね。

ノコギリ、たてびき、よこびき
左の幅広は縦挽きに製材するためのノコギリで、右が横挽き用のノコギリになります。

ヤマザクラとコブシが満開の宝篋山

3月は所得税消費税の確定申告、卒業入学関係の行事等が重なったこともあり中止の予定でしたが、なんとか月末ギリギリ開催することができました。
一般的には小田城ルートから登りますが、今回は常願寺コースから極楽寺コースという沢筋ルートを選択しました。
久しぶりに植物のおさらいも兼ねながら登山したため、植物の写真を多数アップしております。

トウダイグサ
トウダイグサ。
茎を折ると白色の液が出てきて、人によってはかぶれたりします。トウダイグサ科は総じて有毒ですので、山菜等の採取時には気をつけましょう。

カントウタンポポ
カントウタンポポ。
まだ、この辺りでは自生しているようですね。セイヨウタンポポに占有されず、在来種が生き続けている姿を見るとホッとします。

タチツボスミレ、クビキリギリス
タチツボスミレ。
写真中央にいる緑色のバッタはクビキリギリス。

ツクバトリカブト
ツクバトリカブトの根生葉。
下にあるニリンソウの葉と似ているため、山菜として採取する際は注意してくださいとよく言われる2種。花芽が付いているか否かを確認するのが一番手っ取り早いですが、ニリンソウは独特の石油臭い味?がありますし、そもそもキンポウゲ科の植物は有毒が多いので山菜としてはお勧め出来ません。
ニリンソウよりも上のタチツボスミレの方が、クセがなく美味しいですよ。

ニリンソウ
ニリンソウ。
常願寺コースの沢には咲いておらず、極楽寺コースの沢に多数咲いていたのは、不思議ですね。

宝命泉
宝命泉。
岩の下から清水が湧き出しています。宝篋山にはイノシシが相当数生息しているため、余り飲料には適さないと説明しましたが、なかなかのチャレンジャーですね。次回からマグカップ持ってきますよ!

コクランの実
コクラン。
実がおもしろい形で目立っていたため撮ってみました。

フモトスミレ
フモトスミレ。
自分が記憶しているものよりも花が大きかったです。

ツクバキンモンソウ
ツクバキンモンソウ。
日本海要素のニシキゴロモの変種で、太平洋側に生育するタイプになります。

ミヤマシキミ
ミヤマシキミ。
有毒の実として有名です。

ヤマザクラ
ヤマザクラ。
どれを写真に納めようか迷う程、あちこちできれいに咲いておりました。

新緑のイロハモミジ
イロハモミジ。
新緑が青空に映えきれいでした。

アカネスミレ
アカネスミレ。

コブシの花
コブシ。
花の数が多く、当たり年でしょうか。ちなみに成田や富里のコブシも今年は大当たりですね。

ミヤマウグイスカズラ
ミヤマウグイスカズラ。

ヒオドシチョウ
越冬から目覚めたヒオドシチョウ。
越冬後のタテハチョウ類を見ると、いつもよくがんばるなと思ってしまいます。ヒオドシチョウは茨城県だと普通種のようですが、千葉県だとAランクの絶滅危惧種に分類されています。

宝篋山より筑波山
宝篋山より筑波山。

ゼンマイ
ゼンマイ。
フサフサの毛に覆われた茎と鮮やかな緑色をした脳みそのような形の葉が何とも言えません。

クロモジ
クロモジ。
高級爪楊枝の材料として利用されており、前回の高宕山へ行った際には、道の駅ふれあいパーク・きみつにクロモジの楊枝が販売されておりました。

キブシ
キブシ。
これも今年大当たりでしょうか。凄い花の数です。

白滝
白滝。
流量は少ないですが、滝の脇を歩けるというのがいいですね。

ネコノメソウ
ネコノメソウ。
葵の滝の脇に付いていました。

ハート岩
ハート岩。
奥にある大きな岩がハート岩ですが、看板下にもたくさんのハート岩がありました。いくつあるか分かりますか?

慈悲の滝
慈悲の滝。
登山口近くの標高にもかかわらず、透明度と流れ具合、コケむし感は立派です。

石造五輪塔
石造五輪塔。

ヤエザクラ
ヤエザクラ。
ちょうど咲き始めのようできれいでした。

ニホンアカガエルの卵塊
ニホンアカガエルの卵塊。
田んぼ脇にあった止水の用水路にありました。
前回はヤマアカガエルの卵塊でしたが、今回はニホンアカガエルの卵塊になります。

フクロウカフェ

以前、名古屋の公開研究討論会へ行った際にフクロウカフェへ寄ったら閉店していたという記事を書きましたが、今回はそのリベンジです。
所得税確定申告も終了し、一段落した19日に税理士会の仕事で千葉市へ行く予定があったため、以前から気になっていたフクロウカフェの「ふくろうの城」へ行ってきました。
こちらは、個人単独ではなくフランチャイズ展開をしており、店舗ではフクロウへのエサやり、手乗り、生体・エサ販売、グッズ販売などをしておりました。個体と触れ合うサービスのみでなく、性格を把握してもらった上での生体販売やエサ販売、また、繁殖させたり生体を買取したりと、幅広い事業形態のようです。


みんなが一斉にこちらを向いたところをパチリ。
手前のフクロウは、映画「ガフールの伝説」に出てくるメンフクロウの主人公ソーレンとそっくり。同じメンフクロウなので似ているのは当たり前なのですが、それでも実物を見たら感動してしまいました。名前はやよい。3月に生まれたのでしょうか。


メガネフクロウのミルク。コーヒーにミルクを入れた時の状況に似ているからでしょうか。比較的おとなしい個体で、なでるのには問題ないフクロウでした。


ベンガルワシミミズクのミケ。取扱注意エリアのフクロウのため、写真だけ撮ろうとしたら頭を高速回転されて凄い写真になってしまいました。

だいふく
ウラル×モリフクロウのだいふく。頭や背中をなでていてもおとなしかったため、だいふくを手乗りに選んでみました。写真撮影中も、じーっとしていました。やはり一番人気だそうです。

ハヤブサ
セーカーハヤブサのリアム。格好いいです。左隅にいる茶色のハヤブサ・ロイとどちらを手乗りに選ぶか迷いましたが、下の写真のようにつぶらな瞳で見上げてくるのでリアムにしました。

リアム・ペンギン
ペンギンのようで可愛いです。

コノハズク
手乗りサイズのコノハズクとコキンメフクロウたち。小さくて飼育しやすい気もしますが、ちょっと臆病な性格なのか手乗りや撫では苦手なようなので、懐いてほしい人には向かないかもしれません。

チバニアン・高宕山

今月はチバニアンと高宕山へ行ってきました。
チバニアンはジバニャン、ジロリアンなど語呂の似た名前が多いですが、シンプルで親しみやすい名称でいいですね。
2月は月崎駅からの送迎バスも運行しておらず、寒さで見学者が少ないと予想されたことから、登山前に寄ってみることにしました。

チバニアン
現在は階段の工事が終了しており、一番奥まで登って観察することができます。
チバニアンは写真左下から右へ走っている溝の地層ラインより上になるとのこと。他に見学者がいなかったため、私と職員だけでゆっくりとチバニアンを眺めるなど、登山前に贅沢な時間を過ごすことが出来ました。

ニホンザル
偶然にも群れを発見することができました。ラッキーです。
高宕山一帯はニホンザルの生息地として天然記念物に指定されており、サル自体も房総半島に隔離分布する地域個体群として希少な存在です。まさに千葉県の宝といえますが、アカゲザルとの交雑個体が増加し、在来種の多様性が奪われていることが気がかりですね。

ヤブツバキ
ヤブツバキ
なかなか綺麗に咲いている状態のものがないのですが、この木は写真映えする花が多くありました。

高宕観音手前の階段
高宕観音手前の階段。
階段だけでなく石像もここの砂岩で作っている関係か、脆くなっていて頭半分がなくちょっと不気味。

北のテラスより天空の岩
北のテラスより天空の岩
写真の天空の岩の下に高宕観音があります。北のテラスと天空の岩は職員には危険なため、一人で登ってきました。

高宕山の山頂手前
高宕山の山頂手前
ハシゴを登った先に眺望のいい場所がありました。高宕山はルートがほぼフラットでアップダウンが少ないため、初心者にお勧めの山ですね。

手掘りトンネル
手掘りトンネル
何カ所かありました。距離が短いので大したことはありませんが、初めての人は怖いかも。

ヤマアカガエルの卵塊
ヤマアカガエルの卵塊
春近しと言ったところでしょうか。何だかホッとします。タゴガエルの鳴き声も聞こえており、産卵に来ているようでした。

じんべい
下山後は亀山ダムへ向かい、黒湯の温泉へ。その後は道の駅へ寄ってから、田舎レストランじんべえにて食事。2月なのでガラガラかと思っていましたが、ほぼ予約で満席に近いほど賑わっておりビックリしました。客が多いだけあって、魚が美味しかったです。