事務所便り

房総登山・ユビナガコウモリ・野生イノブタ

房総の山も寒くなりヤマビルの活性が低下したところで、久しぶりに職員とハイキングへ行ってきました。平易なルートを選んだのですが、千葉県を襲った台風による土砂崩れや倒木による爪痕が酷く、ルートファインディングが相当要求されるハイキングとなってしまいました。
倒木は目視で3桁、土砂崩れも多数見られ、1箇所土砂崩れにより砂岩が露出し登山道が消失しておりました。そのため十数年振りにザイルとカラビナ、スリングが出動するなど高巻いて渡らざるを得ませんでしたが、何とか無事に切り抜けることができました。
房総の山に関しては、土砂崩れによりザイルなしに通過できないルートが他にもあると思われますので、最低、上記3つを持参されたほうがよろしいかと思います。

尾根の倒木1
砂岩の上に薄く表土があるだけの尾根のため、倒れる時は脆いといえます。ただ、数が多すぎですね。

根こそぎ剥がれる倒木
手前の砂岩は本来、表土の下にあったもので、下に剥がれ落ちている表土と針葉樹は、今回の台風で落ちたもの。

細い尾根筋の倒木
1m程の細い尾根筋だったのですが、左側に生育していた樹木が倒れて表土全てが剥がれ落ちていました。

キョンの足跡
尾根筋にあったキョンの足跡。今回も姿は見えませんでしたが、オス鹿の警戒音を聞くことが出来ました。ちなみにキョンの鳴き声は濁った声であるのに対しニホンジカは澄んだ声のため、慣れればすぐに分かります。

リスの巣材剥がし跡
杉の木の樹皮が剥がれております。これはニホンリスが巣材として利用するために剥がしたもの。

テンとイノブタの糞
左側がホンドテン、右側がイノブタ(交雑種)の糞。同じ尾根の岩上にありました。イノブタなのに、糞がイノシシと同じ形状なところが面白いです。

イロハモジミ 房総
イロハモミジ。まだ綺麗に紅葉していました。

子供のイノブタ
帰りの林道で5頭の「イノブタ」と遭遇しました。個人的には、これを「イノシシ」と呼称するには疑問点が多くて表記することを控えました。耳は大きいし12月なのに顔や頭に長い灰白色の毛が多数残っていて、この時期の子供のイノシシとしてはどうなのか。顔や鼻の形も何だかしっくりきません。何でしょう、このモヤモヤ感。他県の山奥で昔見たイノシシと違うんですよ。ちなみにお尻の毛がまばらで少なく地肌が見えるタイプの子も別所にいました。
ネットでも調べてみましたが、画像も動画も普通にイノシシと書いておりますが、怪しいものも多く本当に遺伝子レベルで純系の在来イノシシなのか?交雑種のイノブタではと感じてしまいます。
さて、今の日本に遺伝子レベルで地域個体群としての純系在来種のニホンイノシシが存在するのか?という疑念が湧いてきますが、全国的に放逐されているため存在は難しいものと思われます。
千葉県は実際どうなのでしょうか?
2006年に調査したイノシシの遺伝解析の論文が発表されており(※1)、mtDNAハプロタイプとして昭和20年代に捕獲した清澄山周辺で捕獲した個体をJ8と判定しております。J8は関東に特徴的なタイプで千葉県の純系イノシシと考えられます。千葉県のイノシシは1970年代に絶滅したと考えられておりますが、1992年~2006年に捕獲した34個体はJ3,J10タイプとしており、元から生息していたとするケースと他地域からのイノシシを放逐したケースが考えられると述べられております。しかし、イノブタか否かの判定に重要となるGPIP遺伝子型の解析報告がなされておらず、mtDNAハプロタイプのみをもってイノブタが千葉県にいる証拠は見つかっていないとする千葉県の見解は、如何なものか。典型的な役人的発言であり責任逃れと言われても致し方ありませんね(※2)。
ちなみに群馬県の調査(※3)では、GPIP遺伝子解析によりヨーロッパ型対立遺伝子であるGPIP*4が確認され、これを持つオスの家畜ブタやイノブタ、イノシシとメスのニホンイノシシ間で交雑した可能性を示唆していることから、千葉県においても群馬県と同様の状況が予想されます。予算の都合もあるのでしょうが、早急に調査して頂きたいものです。

※1永田純子、落合啓二「千葉県における昭和20年代のイノシシ頭骨をもちいた遺伝解析:近年のイノシシ個体群との比較」2009年
※2千葉県野生鳥獣対策本部「千葉県イノシシ対策マニュアル」2012年
※3高橋遼平、石黒直隆、姉崎智子、本郷一美「群馬県に生息するニホンイノシシのDNA解析」2011年

黄檗イタヤカエデ
久しぶりに綺麗に黄葉したイタヤカエデを見ることが出来ました。太陽もいい角度で照らしてくれていますね。

ユビナガコウモリ トンネル内
ユビナガコウモリ。トンネルを歩いていたら、大群が越冬していました。職員は奇声を上げて逃げて行きましたが、私はニヤつきながら連写!連写!

ユビナガコウモリ  大群
まだ冬眠には早いのか、ライトを当てるとモゾモゾ動き出します。年初のキクガシラコウモリは1月で気温マイナス6度だったためか、全く動きませんでしたが、今回はまだ16度。
滅多に見られないコウモリの越冬地を見ることが出来て一人で感動していたのですが、みんなにコウモリの話を熱く語っても誰も聞いてくれません。悲しい。

夕暮れと松の葉
傾く太陽の光に照らされる松の葉。

写真を飾って見ました。富里オフィス

富里オフィスの壁紙が打ちっ放しのコンクリート模様のため、少し殺風景でした。そこで職員に意見を集ったところ、私の写真を飾っては如何ですかと言われました。
正直、自分の写真を飾るのは気乗りしなかったのですが、ひとまず暫定で飾ってみることにしました。


少しオシャレなオフィスになった気がします。

サーフィン国際大会QS6000

今年はゴールデンウィーク中にサーフィン国際大会であるQS6000が開催され、世界中からトップクラスの選手が集まっておりました。
一般人の私としてこの大会の何が素晴らしいのかというと、会場である志田下(千葉県一宮町釣ヶ崎海岸)隣にあるサーフポイントのシダトラが外国人選手の練習場所に利用されておりまして、外国人選手に囲まれながらのサーフィンを堪能することができるということ。
信じられないスピードでのライディングや高いエアーを間近で見られたりと、海外へ行かずしてワールドクラスのサーフィンを体感でき、地元ならではの役得を満喫することができました。

フローター
フローターが決まっています。
一緒に海に入っていると分かるのですが、普段海に入っている日本人の中上級者によるフローターの距離とは別次元でして、あり得ないほどリップを長距離ライディングして次のフェイスに入って来るため、みんな前乗りになってしまいます。

エアリバース
グラブのエアリバース
とんでもない高さのエアーですが、ワールドクラスの外国人は当たり前にこれをします。この波でこの高さのエアーと着地を成立させる日本人は、千葉茨城で見たことはありません。

チューブライディング
チューブライディング
一瞬のチャンスを逃さず軽々と技を仕掛けてしまうんですよね。凄いとしか言いようがありません。

リッピング
バックサイドからのリッピング
スプレーも大きく出ていて、とても綺麗ですね。奥は太東海岸になります。

エアリバース2
エアリバース
回転中のため不思議な体勢になっております。

吾国山〜難台山〜愛宕山縦走

昨年、吾国山のカタクリを見に行く予定でしたが、春の訪れが早くカタクリの開花時期も早かったことから行けませんでした。
今年は3月下旬から4月に入って異常ともいえる気温低下が続いていておりましたが、霜が降りるほどではない状況。このような気象状況の場合、暖かくなると一気に開花し満開の美しいお花畑を観察できることから、これはチャンスと登山を実施することにしました(縦走日は4月6日)。。

エイザンスミレ 吾国山
エイザンスミレ
道祖神峠から今回はスタートし、カタクリの群生地がある吾国山目指している途中に咲いておりました。久々の出会いだったため、ちょっと感動。

吾国山、カタクリ
吾国山ほど広範囲に生育しているカタクリ群生地は見たことがなかったため、とても幸せな気分になれました。紫色〜桃色〜白色の狭間にある妖しげな日本人好みの独特な色彩。なぜ、これほどまでにこの色彩に心が揺さぶられるのだろうか。
大好きなヒナスミレやシラネアオイ、トガクシソウもこの系譜…。
美しい景観を見てしまうと離れたくなくなってしまう性格から、ドップリこのカタクリ群生地に浸かってしまい、予定よりずっと居座って時間をかなりオーバーしてしまいました。

吾国山、ブナ林、カタクリ
ブナ林内にあるカタクリ生育地が、自分の中ではスタンダード。吾国山のように近場でブナ林内のカタクリ群生地が見られるのは、とても貴重だと感じました。

ホソミオツネントンボ
ホソミオツネントンボ
吾国山のカタクリを鑑賞した後、下山中の植林エリアで見つけました。
名前の通り越冬するタイプのイトトンボでして、成田や富里、八街、佐倉でも普通に見られます。
ただ、冬前後は茶色で目立たないため(グリーンシーズンはブルーになりますが)、実際探そうとするとなかなか見つからない種。
ちなみに、広角レンズで撮影しているため、トンボとの距離は10cmもありませんが、接近方法さえ分かれば楽に撮影できます。長年培った熟練工の技というやつですかね(笑)。

イノシシが堀った痕
イノシシによる堀穴
道祖神峠から難台山へ登る途中で見つけました。イノシシはどこにでもいるのでしょうが、随分と深く掘っていたためアップしました。

難台山の山頂にて ヒオドシチョウ
ヒオドシチョウ
難台山の山頂にて昼食休憩をとっていた所、蝶が写真のように職員の帽子にまとわり付いていたため、超接近撮影することができました。この時もホソミオツネントンボ同様10cm以内の至近距離撮影です。
Sさん、帽子に蝶々のブローチ可愛いですね。滅多に撮れませんよ!

クサボケの花
クサボケの花
職員から何の花ですかと問われたため掲載しました。珍しい種ではありませんが、オレンジ色の生物となると里山以外の山地帯〜亜高山帯では花よりキノコやチョウのほうが多くなります。

モミジイチゴ
モミジイチゴ
果実のイチゴはボチボチの味ですが、食べられます。

ホルンフェルス
縦走ルートにホルンフェルスがあると笠間市の作成したPDFパンフレットにあったため、分かりやすいものを探していたところ、団子石周辺にて誰かが置いたであろう岩石がありました(写真)。
このエリアには、泥質ホルンフェルス (マグマの熱により変成した岩石)の他に、砂質ホルンフェルスや花崗岩、粘板岩、斑れい岩等の深成岩もあるそう。
写真の岩石は、脆そうでしたので硬いホルンフェルスとは考えにくく、泥岩(頁岩)のようにも見えますが、綺麗な面上の劈開面を形成していることから、パンフレットの分布図に従うならば、粘板岩でしょうか。
20年程前、山岳ガイド仲間と谷川岳一の倉沢から衝立岩までクライミング講習と岩石調査をして、ホルンフェルスや花崗岩、蛇紋岩、グリーンタフを探したことや、地質学の専門家と調査困難地の石灰岩地や泥岩地エリアに赴き、化石発掘をした懐かしい想い出が蘇り、とても懐かしさがこみ上げてきました。

付いては離れ
接合しては離れ、離れては接合し。出会いと別れ。人と人との出会いか…。含蓄ある木ですな〜

オオヤマザクラ?
見晴らしの丘を通過し、愛宕山へ向かう途中でニホンジカの鳴き声(警戒音)を2回聞きました。茨城県は「シカ空白県」と言われておりましたが、県央まで侵入しているのですね。カタクリ群生地がちょっと心配になりました。

愛宕山 鳥居前の桜
愛宕山の鳥居前のサクラ
無事到着。ソメイヨシノ満開でした。

富里オフィス移転のお知らせ

3月より富里オフィスは従来の富里市高松286番地2から富里市七栄532-3へ移転致しました。今後ともよろしくお願い申し上げます。
電話につきましては、代表の0476-20-0020にて連絡可能となっております。

富里オフィス
富里インター近くにある酒屋の島屋さん隣となります。

会議室テーブル
会議室のテーブル。カエデの木で自作しました。